ホーム>ニュースリリース>インフォメーション>キム・チャンホ氏(モンベル KOREA アドバイザー)の挑戦

キム・チャンホ氏(モンベル KOREA アドバイザー)の挑戦

2013/5/9

モンベル KOREA アドバイザーによる、無酸素エベレスト登頂チャレンジ

モンベルの韓国でのパートナーであるモンベルKOREAのアドバイザーで登山家のチャンホ氏(44)がヒマラヤ無酸素登頂の旅に出ています。 2012年に「ピオレ・ド・オール・アジア」を受賞した実績があり、チャンホ氏を隊長とする遠征隊が、世界最高峰エベレスト(8,848m)無酸素登頂に挑戦しています。今回の遠征は、カヤック(160km)、自転車(1,000km)、徒歩(150km)でベース・キャンプに到着! これから、ピークに向けアタックを開始します。
オフィシャル・ブログはこちら(韓国語)>>

イメージ画像

キム・チャンホ氏のプロフィール

イメージ画像

1969 韓国・慶尚北道に生まれる
1993 パキスタングレートトランゴタワー6,284m完登
1996 ガッシャブルム4峰 7,925m 東壁新ルート登攀
2000 パキスタン ヒンドゥークシュ 単独探査 
2001 パキスタン マルチピ-ク 遠征 カラコルム カサブランカ5,560m世界初登頂
2003 ティルリサンサルなど6,000m級 4座 世界初登頂
2004 ネパール ロッチェ 8,516m 南壁 新ルート登攀
2005 パキスタン ナンガッパルバット 8,125m ルバール壁 中央直登 世界第二登
2006 パキスタン ガッシャブルム 2峰 8,035m 1峰 8047m 連続登頂
2007 アルゼンチン アコンカグア 6,959m 登頂、K2 8,611m 無酸素、ブロードピーク連続登頂 
2008 ネパール マカルー 8,463m 無酸素登頂、ローツェ 無酸素および最短時間登頂、パキスタン バトゥーラ 7,762m 世界初登頂
2009 ネパール マカルー 8,163m、ダウラギリ8,167m 登頂

現在モンベルKOREAアドバイザー、ソウル市立大学山岳会 会員、韓国大学山岳連盟理事

今回の挑戦ルート

イメージ画像

チャンホ氏を隊長とする遠征隊は、世界で初めて飛行機と車を使用せず標高0mの海面から8,848mのエベレスト頂上まで、カヤック、自転車、徒歩で移動する“無動力”登山に挑戦しています。海から山の頂上まで自然の循環に沿って移動するという、当社が日本で展開している環境イベント「SEA TO SUMMIT」に通じます。通常のヒマラヤ遠征では、海抜2,840mに位置するネパールのルーク·ラまで航空機や自動車などの交通手段を利用するのが一般的です。

カヤックにて挑戦をスタート(約160km)

イメージ画像

自転車で約1,000kmを走破!

イメージ画像
イメージ画像

徒歩にてベースキャンプを目指す(約150km)

イメージ画像
イメージ画像

現在、ベースキャンプに到着しアタックを狙っている

イメージ画像
一覧へ