ホーム>モンベルについて>インフォメーション>山口県長門市と「包括連携協定」を締結

山口県長門市と「包括連携協定」を締結

2017/7/31

アウトドア活動の促進により、地域の活性化、市民の健幸と生活の質の向上、そして若い世代に選ばれるまちとしての意識醸成に寄与することを目的とした協定

イメージ画像

協定締結の背景・概要


長門市と株式会社モンベルは、豊かな自然や文化的資産、温泉等を背景に戦略的な観光振興に取り組んでおり、2017年3月にモンベルフレンドタウンとして登録したことを契機に相互の連携を目指してまいりました。この度、北長門海岸国定公園内にある海や森などを中心とした周遊・体験型観光等を通じたアウトドア活動の促進により、地域の活性化と市民の健幸(※)と生活の質の向上を図り、若い世代に選ばれるまちとしての意識醸成に寄与することを目的として、包括連携協定を締結しました。
健幸:長門市総合計画において「幸せを感じることのできる暮らし」として使用している言葉です。

協定内容


(1) 自然体験の促進による環境保全意識の醸成に関すること
(2) 子どもたちの生き抜いていく力の育成に関すること
(3) 自然体験の促進による健康増進に関すること
(4) 防災意識と災害対応力の向上に関すること
(5) 地域の魅力発信とエコツーリズムの促進による地域経済の活性化に関すること
(6) 農林水産業の活性化に関すること
(7) 高齢者、障がい者等の自然体験参加の促進に関すること

(写真右より:長門市 大西市長、モンベル代表・辰野)

フレンドタウン 長門市について

イメージ画像

豊かな自然環境の中でアウトドア・アクティビティを楽しめる、モンベルおすすめのフィールド「フレンドタウン」。

山口県の北西部に位置しする長門市。コバルトブルーの日本海に面し、青海島(おおみじま)や元乃隅稲成神社(もとのすみいなり)など絶景ポイントが目白押しです。市内には風情の異なる5つの温泉があり、四季を通じて豊かな自然と食を楽しむことができます。

フレンドタウン 長門市についてはこちら>>

一覧へ