ホーム>モンベルについて>インフォメーション>鳥取県と「包括連携協定」を締結

鳥取県と「包括連携協定」を締結

2017/10/7

県内地域の活性化及び県民生活の質の向上に寄与することを目的とした協定

イメージ画像

協定締結の背景・概要


鳥取県と株式会社モンベルは、これまでモンベルフレンドエリアへの登録や「皆生・大山SEA TO SUMMIT」の開催、ジャパンエコトラックへの登録など各種連携を進めてまいりました。本協定ではより緊密な相互連携のもと、アウトドア活動等の促進により、社会が直面する課題に対応し、県内地域の活性化及び県民生活の質の向上に寄与することを目的としています。

連携・協力事項


(1)自然体験の促進による環境保全意識の醸成に関すること
(2)子どもたちの生き抜いていく力の育成に関すること
(3)自然体験の促進による健康増進に関すること
(4)防災意識と災害対応力の向上に関すること
(5)地域の魅力発信とエコツーリズムの促進による地域経済の活性化に関すること
(6)農林水産業の活性化に関すること
(7)高齢者、障がい者等の自然体験参加の促進に関すること

フレンドエリア 大山・皆生(だいせん・かいけ)について

イメージ画像

豊かな自然環境の中でアウトドア・アクティビティを楽しめる、モンベルおすすめのフィールド「フレンドエリア」。

鳥取県西部に位置し、百名山「大山」がそびえる自然豊かな町。大山は「大いなる神の在ます山」として信仰されるだけでなく、登山やスキーなど1年中アウトドアを楽しめます。皆生温泉は、海水浴なども楽しめる温泉街です。

フレンドエリア 大山・皆生(だいせん・かいけ)についてはこちら

フレンドタウン 若桜町について

イメージ画像

鳥取県の東南端に位置し、兵庫県と岡山県に接する若桜町。東には中国地方2番目の高峰・氷ノ山があり、山々に囲まれた緑と清流の町です。若桜鉄道や若桜駅構内に保存されたSLは、レトロな昭和の面影を残しています。

フレンドタウン 若桜町についてはこちら

一覧へ