ホーム>ニュースリリース>インフォメーション>第3回 モンベル・チャレンジ・アワード受賞者 中村哲氏に決定

第3回 モンベル・チャレンジ・アワード受賞者 中村哲氏に決定

2008/5/1

イメージ画像

「第3回モンベル・チャレンジ・アワード」の受賞者は、パキスタンのペシャワールを拠点に、20年以上に渡り医療を中心とした現地支援に携わる、医師の中村哲氏に決まりました。

モンベル・チャレンジ・アワード」は、自然を対象に、あるいは自然を舞台として、人々に希望や勇気を与え、社会に対して前向きなメッセージを伝える活動を応援する目的で、2005年に創設。受賞者には、盾とモンベルクラブ・ファンドより副賞の100万円を贈呈します。

イメージ画像

受賞者紹介


中村哲(なかむら・てつ)氏
ペシャワール会現地代表、ペシャワール会医療サービス(PMS)総院長。
1946年福岡市生まれ。九州大学医学部卒業後、国内の病院勤務を経て1984年、パキスタンに赴任。以来20年以上に渡り、パキスタンのペシャワールを拠点に医療活動を中心とした現地支援に携わる。
1983年、中村氏の活動を支援する目的でNGO「ペシャワール会」が結成され、その会費と寄付金をもとに、パキスタン・アフガニスタンでの活動を展開。
内戦、干ばつ、空爆と非常に厳しい状況下、その活動は医療にとどまらず、1600本もの井戸の掘削、全長30kmとなる農業用水路の建設など、水源確保・農業支援事業も手がける。

詳しい活動内容は、ペシャワール会の公式サイトをご覧ください>>>

過去の受賞者


第1回(2005年) 中島正晃氏(手作りボートで大航海にチャレンジ)
第2回(2006年) シール・エミコ氏(ガンを克服し、世界を走り続けるサイクリスト)

詳しくは「モンベル・チャレンジ・アワード」のページをご覧ください>>>

一覧へ