SEA TO SUMMIT

seatosummit

海で発生した水蒸気が、雨や雪となって山に降り、やがて川となって森や里を潤しながら、再び海へと還ってゆく……。
「SEA TO SUMMIT(シー トゥー サミット)」は、人力のみで海(カヤック)から里(自転車)、そして山頂(登山)へと進む中で、自然の循環に思いを巡らせ、かけがえのない自然について考えようという環境スポーツイベントです。

自然の循環サイクルと「SEA TO SUMMIT」

seatosummitロゴ
海・里・森のつながりに思いを巡らせながら
自然を体感する
「SEA TO SUMMIT」とは

「アウトドアを楽しみながら自然について考えてほしい」、「自然体験を通じて、里山の地域おこしに協力したい」―。地元自治体とモンベルの協働により2009年に「SEA TO SUMMIT」はスタートしました。
海(湖・川)、里、山を舞台に行われるこの大会は、単にアウトドアスポーツを楽しむだけではなく、自然とふれあいながら自分たちを取り巻く自然環境について再認識する機会を提供する環境スポーツイベントです。
大会は2日間で行われ、1日目は自然環境や地域振興について考える「環境シンポジウム」を開催。2日目の大会では「海→里→山」という水の循環をさかのぼるルートをたどります。
開催にあたっては、環境に与えるインパクトを最小限にするため、募集人数を100組300名に限定し、大会参加費の一部を開催地域の環境保全活動費として寄付しています。

環境省「グッドライフアワード」特別賞を受賞

イメージ画像

"環境と社会によい暮らし"を発掘することを目的とし、環境省が主催している「Good Life Award(グッドライフアワード) 」。2015年、「SEA TO SUMMIT」は「第3回グッドライフアワード」の環境大臣賞グッドライフ特別賞をいただきました。
自然環境をテーマにした基調講演を行うとともに、「カヌー→自転車→登山」といったアクティビティで現地の自然を体感する本大会。大会出場者はもとより、地域の方々にも自分たちを取り巻く自然環境を再認識していただくという、本イベントの趣旨が評価されての受賞となりました。

2009年

SEA TO SUMMIT 2009 の詳細へ

皆生・大山で初開催。

SEA TO SUMMIT 2009 の詳細へ

2010年

SEA TO SUMMIT 2010 の詳細へ

皆生・大山、高津川の2カ所で開催。

SEA TO SUMMIT 2010 の詳細へ

2011年

SEA TO SUMMIT 2011 の詳細へ

皆生・大山、大雪 旭岳、鳥海山、高津川の4カ所で開催。

SEA TO SUMMIT 2011 の詳細へ

2012年

SEA TO SUMMIT 2012 の詳細へ

初開催の奥河内を含む5カ所で開催。

SEA TO SUMMIT 2012 の詳細へ

2013年

SEA TO SUMMIT 2013 の詳細へ

皆生・大山、大雪 旭岳、鳥海山、奥河内の4カ所で開催。

SEA TO SUMMIT 2013 の詳細へ

2014年

SEA TO SUMMIT 2014 の詳細へ

初開催の江田島を含む5カ所で開催。

SEA TO SUMMIT 2014 の詳細へ

2015年

SEA TO SUMMIT 2015 の詳細へ

初開催の佐渡、由良川 大江山を含む7カ所で開催。

SEA TO SUMMIT 2015 の詳細へ

2016年

SEA TO SUMMIT 2016 の詳細へ

初開催の妙高・野尻湖、愛媛 西予、三重 紀北を含む9カ所で開催。

SEA TO SUMMIT 2016 の詳細へ

SEA TO SUMMIT 応募要項

参加資格

・健康な方で、参加者自身のパドル装備、自転車装備など大会に必要な個人装備を用意できる方
・シングルの部:高校生以上の方、チームの部:中学生以上の方
・大会事務局より大会参加承諾を受けた方
・1日目、2日目の両日参加できる方
※参加上のご注意など、詳しくは公式サイトよりご確認ください。

部門・参加費

シングルの部

スタートからゴールまで1名で参加
参加費:\10,500 +税

チームの部

スタートからゴールまで2名以上5名以下のチームで参加 (チーム内で参加種目を分けても、各自が全種目に参加することも可能です)
参加費:\10,500 +税×人数

※参加費には環境保全協力金¥500、傷害保険料を含みます。一旦支払われた参加費はご返金できませんのでご了承ください。

エントリー方法

お申し込みは公式サイトから!
http://www.seatosummit.jp/

お問い合わせ

SEA TO SUMMIT 連絡協議会(株式会社モンベル 広報部内)

〒550-0013 大阪市西区新町2丁目2-2

06-6531-5524(電話)
06-6531-5536(FAX)