ホーム>モンベルについて>ニュースリリース>登山靴の世界的トップブランド「ASOLO」と代理店契約を締結

登山靴の世界的トップブランド「ASOLO」と代理店契約を締結

2013/5/30

モンベルはこのほど、イタリアの老舗登山靴メーカー「ASOLO」(アゾロ)社と日本国内における販売権に関する契約を締結いたしました。2014年春からの本格始動となりますが、今秋、先行販売として、全国のモンベル直営店で一部アイテムの取り扱いを開始いたします。

イメージ画像


ASOLO(アゾロ)社について

総合アウトドアフットウェアブランドとして


アゾロ社は、世界でも有数の靴の生産地として知られるイタリアのモンテベルーナにて1975年に創業。「いかなるアウトドアフィールドにも対応できるフットウエアを提供すること」を最大の目標として掲げ、合成繊維の登山靴や「Gore-Tex®」を採用した登山靴、プラスチックブーツといった革新的で高機能なマウンテニアリング・シューズを世界に先駆けて生み出してきました。

以来、世界的なリーディングカンパニーとして高い評価を獲得している同社ですが、その製品のラインアップはハイエンドなアルパインブーツにとどまらず、ライトハイクやウォーキングを楽しむためのフットウェアまで多岐にわたり、世界的にも数少ない「総合アウトドアフットウェアブランド」としても地位を確立しています。

イメージ画像

今秋より取扱い予定アイテムの一例

継続するイノベーション


アゾロ社の追究はとどまることなく、さらなる新製品の開発に注力し続けています。最近では、人の足の形を忠実に再現した独自の靴型を用いて製造した「Natural Shape」シリーズが、米国を代表するアウトドア専門誌『BACKPACKER』の「2013 Editor's Choice Award」(エディターズ・チョイス賞)を受賞。アルパインブーツやローカットシューズにおいて、いまなお革新的な商品を世に送り出しています。

イメージ画像

「Natural Shape」シリーズ(日本取扱いアイテムは未定)

ASOLO(アゾロ)社のコメント


このたびの代理店契約について、アゾロ社の最高経営責任者(CEO)のLuca Zanatta氏は、「モンベルを日本におけるビジネスパートナーとすることで、日本市場における“アゾロブランド”のポジションと顧客認知度を数年以内に確実にアップグレードできると確信するとともに、重要市場の一つである日本市場において強固な基盤を築くことができると信じています」と話しています。


日本のお客さまのために


モンベルとしても、今後フットウエアのラインアップにアゾロ社のアイテムが加わることで、より幅広い選択肢のご提供が可能になるのはもちろん、革新性を同じくするアゾロ社との出会いが、お客さまのさらなる満足度の向上に寄与することと期待しています。

■ プリントアウト用(PDFデータ)はこちら>>>

新着情報一覧へ