ホーム>ニュースリリース>インフォメーション>農業機械メーカー「クボタ」がモンベルのフィールドウェアを取扱開始

農業機械メーカー「クボタ」がモンベルのフィールドウェアを取扱開始

2014/3/13

国内農機のトップメーカー「クボタ」とモンベルが、フィールドウェアの販売でタッグを組むことになりました。

このたび、株式会社「クボタ」(本社:大阪市浪速区、会長兼社長:益本康男)とモンベルは、「日本の農業を元気にしたい」という共通の思いのもと、農業に取り組む方々に対し、快適でスタイリッシュなデザインの「フィールドウェア」の販売を2014年4月から開始することになりました。

イメージ画像

ウエアの対摩耗性や通気性など高機能による「快適性」と、色鮮やかでスタイリッシュなデザインによる「楽しさ」で、農業に取り組まれている方々に喜んでもらうだけでなく、新しい力を呼び込むための農業の魅力アップにもつなげていきます。
株式会社「クボタ」のニュースリリースはこちら>>

株式会社「クボタ」との合同記者発表の様子(2014年3月13日)

イメージ画像

モンベルがフィールドウェア開発でサポートする「農業女子プロジェクト」

イメージ画像

今回の会見では、山形で「ガールズ農場」を営む菜穂子さんにも実際に着用していただき、おしゃれで快適なフィールドウェアについてアピールしていただきました。

菜穂子さんも参加する、農林水産省が推進する「農業女子プロジェクト」。モンベルでは、このプロジェクトを農業女子目線で快適かつおしゃれなウエアを提案・製造することで、サポートしています。

農林水産省が推進する「農業女子プロジェクト」について


「農業女子プロジェクト」公式サイト: http://nougyoujoshi.jp/

モンベルの「フィールドウェア」ラインアップはこちら>>

一覧へ