ホーム>ニュースリリース>インフォメーション>パラリンピック カヌー日本代表・瀬立モニカ選手に競技ウェアを提供

パラリンピック カヌー日本代表・瀬立モニカ選手に競技ウェアを提供

2016/9/9

今月7日、ブラジル・リオデジャネイロで開幕したパラリンピック。カヌースプリントの日本代表・瀬立(せりゅう)選手に競技用ウェアを提供しています。

桜と波がプリントされた日本らしいデザイン

イメージ画像

自ら提案した、全面に桜と波がプリントされた日本らしいウェアで、美しさと力強さを感じるデザイン。また、パドリングがスムーズに行える様、全面ストレッチ素材に世界最高レベルの撥水加工を施した高機能性ウェアです。

リオへの出発前、大会前の貴重な時間をいただきカヌーの魅力を伺いました。瀬立選手は、「水上ではバリアフリー環境に身を置ける。陸上では、さまざまな障害があるが、水上ではほんとに自由なんです。」と語ってくれました。

“楽しむ”ことをモットーにしている瀬立選手。リオでも楽しみながら水上を漕ぐ瀬立選手を、モンベルは応援しています。

出場予定:
9/14(水)21:00~(日本時間) カヤックシングル KL1 200m 予選
9/15(木)21:00~(日本時間) カヤックシングル KL1 200m 決勝

瀬立モニカ選手 プロフィール


中学生の時、先生の紹介で江東区中学校カヌー部に入部しカヌー競技(スプリント)を始める。高校時代、事故に遭い一年間競技から遠ざかるが、2020年地元東京での五輪参加に向け、再びカヌーに。リオ・パラリンピック日本代表に選出。筑波大学1年。

【所属】江東区カヌー協会
【主な実績】
2016年 2016世界パラカヌー選手権兼リオパラリンピック選考会(ドイツ) 女子KL1第10位
2015年 2015世界パラカヌー選手権兼リオパラリンピック選考会(イタリア) 女子KL1第9位
2015年 第2回日本パラカヌー選手権大会 (小松市木場潟湖) 女子KL1優勝
2015年 2015パラカヌー海外派遣選手選考会(坂出市府中湖) 女子KL1優勝
2014年 第1回日本パラカヌー選手権大会(小松市木場潟湖) 女子KTA優勝

イメージ画像

リオで最終調整を行う瀬立選手(手前)

モンベルでは、モンベルクラブ・ファンドを通じて、障害者カヌー協会をサポートしています。

イメージ画像

「モンベルが自然環境や社会に対してできること」を考え、自然保護や社会貢献、冒険・探検などの活動を行う非営利団体や個人に対して支援を行うモンベル独自の基金。

モンベルクラブ・ファンドについて>>>

障害者カヌー協会>>>

一覧へ