ホーム>ニュースリリース>インフォメーション>秋田県仙北市と「野外活動の推進」と「防災協力」に関する協定を締結

秋田県仙北市と「野外活動の推進」と「防災協力」に関する協定を締結

2016/12/22

アウトドア活動や防災協力を軸にした連携

イメージ画像

この度、モンベルは秋田県仙北市と「野外活動の推進」と「防災協力」に関する協定を締結しました。仙北市は今後、モンベル・フレンドエリア登録を行い、田沢湖と秋田駒ケ岳でのSEA TO SUMMIT開催を目指し、アウトドアや観光関連の事業者との連携を図っていきます。また、秋田駒ケ岳の噴火や水害などの自然災害の備えとして、モンベルと協力体制を強化していくことが、門脇仙北市長から発表されました。

連携協力事項


(1)豊かな自然の魅力発信
(2)防災意識と災害対応力の向上
(3)自然体験の促進による環境保全意識の醸成
(4)子どもたちの生き抜いていく力の育成
(5)自然体験を生かした健康増進
(6)エコツーリズムの促進による地域経済の活性化
(7)農林水産業の活性化

(写真左より)
青柳宗五郎 仙北市議会議長、モンベル広報部取締役本部長・竹山、門脇光浩 仙北市長

一覧へ