ホーム>モンベルについて>インフォメーション>香川県まんのう町と「包括連携協定」を締結

香川県まんのう町と「包括連携協定」を締結

2017/4/18

水と緑に育まれたエリアを活用し、アウトドア環境を充実させ地域活性化を目的とした協定

イメージ画像

この度、モンベルは、香川県まんのう町と「包括連携協定」を締結しました。本協定は、まんのう町が地域振興の拠点として鋭意進めています「満濃池周辺整備事業」において、その水と緑に育まれた周辺エリアを活用しアウトドア環境を充実させることで賑わいづくりを創出し、若者が住みたくなる町として定住意識の醸成に寄与することを目的としています。
  
協定には、環境保全意識の醸成、子どもたちの生き抜いていく力の育成、健康増進、防災意識と災害対応力の向上など、8項目の連携協力事項が盛り込まれています。

連携・協力事項


(1)自然体験の促進による環境保全意識の醸成に関すること
(2)子どもたちの生き抜いていく力の育成に関すること
(3)自然体験の促進による健康増進に関すること
(4)防災意識と災害対応力の向上に関すること
(5)地域の魅力発信とエコツーリズムの促進による地域経済の活性化に関すること
(6)農林水産業の活性化に関すること
(7)高齢者、障がい者等の自然体験参加の促進に関すること
(8)前各号に掲げるもののほか、交流人口の拡大のため、相互に連携・協力することが必要と認められる事項に関すること

まんのう町 WEBサイトはこちら>>

(※写真:栗田町長(右)、田岡町議会議長(中)、モンベル代表・辰野)

一覧へ