ホーム>モンベルについて>インフォメーション>富山県立山町と「包括連携協定」を締結

富山県立山町と「包括連携協定」を締結

2017/10/6

アウトドア活動等の促進を通じた地域の活性化と町民生活の質の向上を目的とした協定

イメージ画像

立山町と株式会社モンベルは、モンベルフレンドタウンの登録にはじまり、2015年にはモンベルヴィレッジ 立山をオープンするなど、連携を進めてまいりました。この度、より広い分野での連携策を考える中、包括連携が望ましいとの結論に至り、協議を進め「包括連携に関する協定」を締結することで合意いたしました。
本協定は、緊密な相互連携のもと、山岳観光の振興や自然の恵みを生かしたアウトドア活動等の促進を通じて、地域活性化と町民生活の質の向上に寄与することを目的としています。

(写真右より:立山町 舟橋町長、モンベル代表・辰野)

フレンドタウン 立山町について

イメージ画像

豊かな自然環境の中でアウトドア・アクティビティを楽しめる、モンベルおすすめのフィールド「フレンドエリア」。

北アルプス最高峰のリゾート地 絶景に感動「立山」。標高2,450mの日本最高所のリゾート地「立山黒部アルペンルート」は、まさに雲上のパラダイス。日本唯一の「氷河」、ラムサール条約登録湿地に認定された「立山弥陀ヶ原(みだがはら)・大日平(だいにちだいら)」など、見どころが満載です。

フレンドタウン立山町についてはこちら

一覧へ