ホーム>モンベルについて>ニュースリリース>富士山レンジャー(自然保護官)の装備品をモンベルが提供しました。

富士山レンジャー(自然保護官)の装備品をモンベルが提供しました。

2016/6/24

富士山世界遺産センターに所属する富士山レンジャーの活動を支援するべく、モンベルの製品を提供しました。

イメージ画像

富士山レンジャーは、年間約3,000万人もの人々が訪れる富士山地域の貴重な自然環境を保全し、持続可能な利用マナーの啓発をするため、2005年に設置されました。2013年の富士山の世界遺産登録や、このたびの富士山世界遺産センター開所に合わせ、メンバーを増員し、活動の幅を広げています。
2016年6月21日、モンベルは国内メーカーとして、日本を代表する山である富士山地域で活躍する富士山レンジャーの活動に賛同し、一層の充実した活動を支援するため、これまで統一されてなかった服装に代わるユニフォームとなる装備品を提供し、その寄付受納式が山梨県庁にて行われました。

一新されたレンジャーの制服・装備をお披露目

イメージ画像

会見では、モンベルが提供した装備品をレンジャーが着用し、ユニフォームのお披露目をしました。

富士山登山道や青木ヶ原樹海を含む富士山地域の多様な自然環境で活動する富士山レンジャーのユニフォームとして提供したのは、快適性と耐久性を兼ね備えた以下の装備品です。

ワイドブリムハット
ストームクルーザー ジャケット Men'sWomen's
ストームクルーザー パンツ Men'sWomen's
ロッシュジャケット
ウインドブラスト ジャケット Men'sWomen's
クール ロングスリーブジップシャツ Men'sWomen's
クール ハーフスリーブジップシャツ Men's
ライトトレッキングパンツ Men'sWomen's
ウインタートレッキンググローブ Men'sWomen's
タイオガブーツ Men'sWomen's

富士山世界遺産センターがオープン

イメージ画像

富士山世界遺産センターは、世界遺産である富士山を訪れる多くの訪問者に対して、富士山の顕著な普遍的価値に関する情報発信や、保存管理の中心的な役割を担うため、南館を新設し、山梨県南都留郡富士河口湖町に2016年6月22日オープンしました。

富士山世界遺産センターについては以下をご覧ください。
富士山世界遺産センターホームページ

新着情報一覧へ