ホーム>モンベルについて>ニュースリリース>山口県周防大島町と「包括連携協定」を締結

山口県周防大島町と「包括連携協定」を締結

2020/10/28

イメージ画像

協定締結の背景・概要


山口県周防大島町(すおうおおしまちょう)と株式会社モンベルは、瀬戸内のハワイとして親しまれるパブリックイメージと、島嶼(とうしょ)ならではのアウトドアフィールドを背景に戦略的な観光振興に取り組んでおり、2020年10月にモンベルフレンドアイランドとして登録したことを契機に、包括連携協定を締結しました。


連携・協力事項


(1)自然体験の促進による環境保全意識の醸成に関すること
(2)子どもたちの生き抜いていく力の育成に関すること
(3)自然体験の促進による健康増進に関すること
(4)防災意識と災害対応力の向上に関すること
(5)地域の魅力発信とエコツーリズムの促進による地域経済の活性化に関すること
(6)農林水産業の活性化に関すること
(7)高齢者、障がい者等の自然体験参加の促進に関すること

(写真右:周防大島町 椎木町長、左:モンベル代表・辰野勇)

フレンドアイランド 周防大島町

イメージ画像

瀬戸内のハワイ 周防大島
ハワイ州カウアイ島と姉妹島である山口県周防大島町は、夏になるとアロハビズやフラダンスショーで盛り上がります。多島海を漕ぐアイランドホッピングや瀬戸内アルプスの登山縦走、充実のキャンプ場など、アドベンチャーアイランドとしても人気を博しています。
エリア情報はこちら>>

新着情報一覧へ