ホーム>モンベルについて>ニュースリリース>冒険家・関口裕樹氏、厳冬期シベリアバイカル湖徒歩縦断に成功!

冒険家・関口裕樹氏、厳冬期シベリアバイカル湖徒歩縦断に成功!

2021/4/14

イメージ画像

2020年に第10回モンベル・チャレンジ・アワードを受賞した冒険家の関口裕樹氏が、650kmにわたる厳冬期シベリアバイカル湖の徒歩による単独縦断に成功しました。
凍結した湖氷上に全装備をソリに載せての行動となり、モンベルからはモンベルクラブ・ファンドを通じ極地専用テントなどを提供しました。

冒険の様子は関口氏の「冒険のブログ」でご確認いただけます。

イメージ画像

関口裕樹氏について

1987年、山形県生まれ。高校時代に冒険家に憧れ、卒業後就職をせずに冒険の道へ。18歳の時に徒歩での日本縦断を皮切りに、極地や砂漠での人力踏破に挑戦。近年は厳冬期極北カナダを舞台に数年に及ぶ壮大な冒険計画「厳冬期カナダ人力縦断」に取り組んでいる。

モンベル・チャレンジ・アワード受賞時のコメントはこちらから>>

新着情報一覧へ