1975年~

モンベルの商品開発や、その機能性を実証してきた過程を年表で紹介します。

1975年~1979年

1975年

ベトナム戦争終結

田部井淳子氏女性で世界初のエベレスト登頂に成功

イメージ画像

イメージ画像

世界で愛される登山用具やアウトドアグッズの開発を目ざして、8月1日大阪市西区立売堀に会社設立。

日本の多雨湿潤気候に合うスリーピングバッグ、レインギアの研究開発を開始。

1976年

ロッキード事件

植村直己氏グリーンランド-カナダ-アラスカの犬ぞり一人旅に成功

イメージ画像

スリーピングバッグ

米国デュポン社のダクロン®ホロフィル®を採用してスリーピングバッグを開発。

高度な防水性を持つハイパロンレインギアを製品化

軽量、かつ強度的に優れたクライミングヘルメットや、クライミンググローブにも応用できる耐熱性の良いグローブの開発をスタート。

1977年

気象衛星「ひまわり」打ち上げ

長谷川恒男氏マッターホルン北壁の冬期単独登頂に成功。史上2人目の快挙。

デュポン社の乾式アクリル、オーロンを国内で初めてニット化。

性能が実証されたダクロン®ホロフィル®を使用してクロージングを製品化。

デュポン社の高モジュラス繊維ケブラー®を使用して世界初の超軽量クライミングヘルメットを製品化、またノーメックス®製グローブ製品化。

ヨーロッパ最大のスポーツ店、西ドイツ、シュスターヘモンベルオリジナル商品の輸出開始。

Mt.マッキンレー(6,194m)勝山山岳会6,000mビバーク地点でダクロン®スリーピングバッグSTを使用して性能実証。

1978年

新東京国際(成田)空港開港

植村直己氏、単独犬ぞりで北極点に到達。グリーンランド3000km縦走に成功

イメージ画像

ウールセーターの半分の重量で同等以上の保温力と耐久性を持つオーロンフリースを開発、製品化。

コアスパンクロスを使用したクライミングパンツ発売。

イエティ同人、ダウラギリ1峰(8,167m)サウスピラーにて頂上でダクロン®ジャケット使用。スリーピングバッグSPを最終キャンプで使用。

1979年

東京サミット

長谷川恒男氏アルプス・グランドジョラス北壁の冬期単独登攀に成功

イメージ画像

ムーンライトテント

新構造のムーンライトテント3種類開発、超軽量のツェルトを製品化。

米国3M社の発表した保温材シンサレート™、用途研究開発。

ラトック1峰にて、京都カラコルムクラブ、ムーンライトテント&ダクロン製品を長時間使用し耐久性を実証。

続き(1980~)を見る