ホーム>モンベルについて>社会活動>ジャパンエコトラック

ジャパンエコトラック

japanecotrack

ジャパンエコトラックとは

トレッキング・カヌー・自転車といった人力による移動手段で、日本各地の豊かで多様な自然を体感し、地域の歴史や文化、人々との交流を楽しみながら、旅をする。そんな新しい旅のスタイルが「ジャパンエコトラック」です。 View in English >>
統一されたデザインの公式ルートマップをベースに、ルート情報、協力店の情報、地域の魅力を発信し、受け入れ態勢を整備することで、旅行者の快適な旅をサポートします。

ここがポイント!

イメージ画像

スローな旅で新たな発見

自ら大地を、あるいはペダルを踏み、季節の移ろいや標高の変化を五感で感じる人力の旅。クルマでは見過ごしてしまうような小さなスポットも、歩きや自転車によるスローな旅なら、気ままに立ち寄ることができます。その土地の魅力や自然を細やかに肌で感じられるのがジャパンエコトラックの魅力です。

イメージ画像

地域が旅行者の快適な旅をサポート

ジャパンエコトラックのルート上では、トイレ・給水の対応や空気入れ・工具の貸し出しなどを行う協力店や、駅・空港・道の駅など交通の要衝となる“ステーション”にて旅行者の快適な旅をサポートします。例えば、鳥取米子空港では空港から宿泊場所への荷物の配送サービス、更衣室や自転車メンテナンス場所の提供、さらにはレンタル自転車を用意しています。

イメージ画像

共通デザインの見やすいガイドマップ

全国100店舗以上のモンベルストアでルートマップをご用意しています。統一されたデザインの見やすいマップで、利用者は安心して旅を楽しむことができます。エリアによっては、海外のお客さまにもご利用していただけるよう英語版・韓国語版・中国語版もご用意しています。


ジャパンエコトラックの公式サイトでは、各エリアの魅力を分かりやすくまとめたイラストマップや、ルート上の名勝、施設、そこで受けられるサービスなどの詳細を掲載。Googleマップやルートラボでもルート情報を確認することができ、地図や高低差、所要時間などをスマートフォンでも簡単にチェックすることができます。ぜひご覧ください。

ジャパンエコトラック japanecotrack WEBサイトはこちら

ジャパンエコトラック・イメージビデオ

制作:モンベル 協力:鳥取県

推進協議会について

2015年秋に設立理事会が開催され、ジャパンエコトラック推進協議会が正式に発足いたしました。代表理事に東京大学名誉教授の養老孟司氏、専務理事にモンベルグループ代表の辰野勇が就任し、各界のそうそうたるメンバーと共に本事業を推進してまいります。

設立趣意

2009年より始まった環境スポーツイベント「SEA TO SUMMIT」。カヌー・自転車・トレッキングといった人力による移動手段で自然を体感するというコンセプトは、開催地域の観光資源の再認識や発見につながり、地域社会の活性化に新たな可能性を見いだしました。
その「SEA TO SUMMIT」のコンセプトをもとに、365日いつでも、自然を体感し、地域の歴史や文化を味わい、人々との交流をはかりながら、人力で移動する新しい旅のスタイル「JAPAN ECO TRACK」を提唱し、推進します。
現在、いくつかの地域でアウトドアスポーツツーリズムでの旅行者の来訪を目指し、受け入れ体制の整備が進められています。「ジャパンエコトラック推進協議会」は、そのような地域と連携し、それぞれの特性を生かした旅のルートを国内外に広く発信し旅行者の来訪を促進することで、地域の活性化と自然環境の保全に寄与してまいります。

お問い合わせ

ジャパンエコトラック推進協議会 事務局(株式会社モンベル 広報部内)

〒550-0013 大阪市西区新町2丁目2-2
office@japanecotrack.net
TEL:06-6531-5524 / FAX:06-6531-5536