冒険塾(2018年)

講師とテーマ

2018年開講の冒険塾は、大阪と東京で各1日、3名の講師をお招きしての開催となりました。

12/1(土)大阪会場、12/8(土)東京会場

辰野 勇プロフィール写真

塾長 : 辰野 勇 (Isamu Tatsuno)

モンベルグループ代表。アイガー北壁日本人第二登や、カヤックでの黒部川源流部初下降など、国内外で数々の冒険をしてきた登山家、冒険家。28歳の誕生日に株式会社モンベルを設立。

田村芳彦プロフィール写真

「地球進化の謎解き そのカギは海底火山にあった!」~海底調査から大陸のでき方を明らかにする挑戦~

講師 : 田村 芳彦 (Yoshihiko Tamura)

火山・岩石学者、海洋研究開発機構(JAMSTEC)海洋掘削科学研究開発センター グループリーダー。有人潜水艇などを駆使して海底火山を研究。マグマがどのようにできるか(マグマ成因)が研究テーマ。近年、西之島の溶岩を研究し、地球に大陸が出現した謎に迫る「たいりくプロジェクト」で中心的な役割を果たしている。

吉田正仁 プロフィール写真

「時速5キロの旅」

講師 : 吉田 正仁 (Masahito Yoshida)

冒険家、リヤカーを引いて世界中を歩いて旅した「歩く人=あるきにすと」。2009年に旅を開始し、これまでに約7万7500キロ、約60カ国を単独踏破。著書に『リヤカー引いて世界の果てまで 地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅』 (幻冬舎文庫)がある。

角幡唯介プロフィール写真

「脱システムとしての冒険」

講師 : 角幡 唯介 (Yusuke Kakuhata)

探検家・作家。2010年、長らく謎の川とされてきたツアンポー川の未踏査部5マイルを単独で踏査。その模様を描いた『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』(集英社)で、“開高健ノンフィクション賞”など、数々の賞を受賞。近著に『極夜行』(文藝春秋)、『新・冒険論』(集英社インターナショナル)など。